Famm

動画編集の仕事ってどう?未経験主婦・ママ向けスクール5選!在宅ワークへのロードマップ

この記事では、副業や在宅ワークで動画編集・動画クリエイターのお仕事を目指す主婦・ママ、女性向けのスクールを紹介しています。

動画事業は成長真っ只中って知っていましたか?

2025年には市場規模1兆円突破の見込みともいわれる分野です。

今後も成長が見込め、様々なメディアや企業・個人が参入中。

制作案件数も多いため、スキルアップすればパソコン1台で自宅で働ける選択肢もあるので、主婦・子育てママからも注目を浴びています。

編集長

2歳児を育てながら、「Famm」で動画編集を学んだ経験をもとにおすすめスクールを紹介します。

現在フリーランスでWeb制作をしていますが、クライアントのサイト内で使用する動画編集にも携わっています。

子育てや家事・仕事をしながらの学習は本当に大変です。(時間と自分との闘い)

充実したサポートがないとリアルに挫折すると思いますので、主婦・子育てママが動画編集を学べるおすすめスクールを参考に、あなたに合ったスクールを探していきましょう!

お急ぎの方はこちらもどうぞ

当サイトで紹介している「動画編集が学べるスクール」です。

  • Famm無料シッター&案件獲得サポートあり。挫折しにくいリアルタイム講義なので安心!
  • SHElikes30種以上のコースを自分で選んで学習。デザインやカメラなど相性のいい講座も充実。
  • デジタルハリウッドSTUDIObyLIGWeb制作会社×デジハリの最強タッグで有名。即戦力スキルを学べる。
  • ヒューマンアカデミー通学&オンラインで効率よく学習したい人向け。就職率90.9%の実績!

動画編集ってどんな仕事?

動画編集の仕事とは

動画編集の仕事は簡単にいうと、撮影された動画コンテンツを編集・加工する仕事です。

動画広告で使用されるものから、YouTubeやインスタグラムなどのSNSで公開される動画、テレビCMやプロモーションビデオなどジャンルも多岐にわたります。

近年ではあらゆる産業のデジタル化、DX推進もあり、企業やメディアなど動画コンテンツに力を入れている傾向があります。

2025年には動画広告市場は1兆円規模に成長するとも予測。

特にインストリーム広告(YouTubeなど動画の間で再生される広告)、インフィード広告(Webサイトなどでコンテンツの閲覧時に表示される広告)などで成長が見込まれています。

【関連リンク】

プレスリリース:https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=27195

副業や在宅ワークで目指す「動画編集」とは

在宅ワークで目指す動画編集スキル

副業や在宅ワークなどで動画編集の仕事に興味を持っている人も多いと思いますが、個人で動画編集を仕事にするならYouTubeやSNS等で利用される動画などが中心になってきます。

というのも、テレビCMやプロモーションビデオなどは規模が大きく、プロジェクトで管理されていることも少なくないからです。

これらは副業や在宅ワークでは案件数も少ないので、テレビCMやプロモーションビデオ制作に携わりたい場合は制作会社への就職や転職なども考えてみるといいでしょう。

動画編集の仕事につながる!未経験主婦やママ向けスクール5選

在宅ワークに相性のいい動画編集が学べる「主婦・子育てママ」向けスクールを厳選して5つ紹介します。

【Famm】子育てママに強くサポートのバランスも良い

Famm動画クリエイター講座紹介

Fammは「子育てママのために作られたスクール」として、ほかのスクールとは一線を画すサポート内容が人気です。

  • 一か月でレッスン完結
  • 無料シッターサポート
  • 実績作りサポート

さらに注目は「離脱者0」ということ。

短期間の集中学習なので、学習における離脱者がいないことがFammの強みです。

通常動画編集のスクールは数か月をかけて学習するスクールも少なくありませんが、子育てや家事・仕事をしながら長期間学習を継続するだけでも勉強のハードルは高くなりますよね。

パソコンレンタルも可能なので、パソコンを持っていない人もまずはレンタルで学習を開始することができます。

学ぶ内容を極限まで厳選して「在宅ワークで稼げるスキル」に限定することで、一か月間での学習を可能にしている点や、無料のシッターサポートを利用可能にすることで「自分時間」を作れるように工夫された講座です。

\受講料無料キャンペーン中!/

Fammを詳しく見る

編集長

Fammではママ向け講座以外にも、「女性向けスクール」があります。受講時間やサポート内容が異なる点が魅力です。

※Fammは各講座を卒業すると、そのほかの講座を無料で受講できるシステム。正直どの講座を受けてもお得です。

私自身もFamm受講生で卒業生コミュニティにも参加中。講座について詳しく紹介した記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください!

あわせて読みたい
【2022年】Famm動画クリエイター講座の口コミ評判|受講ママが徹底解説!

【SHElikes】自分のペースで欲張れる

SHElikes

SHElikesは30コース以上のスキルを学び放題の女性向けキャリアスクールとして有名です。

スキルアップを目指す女性が多く在籍していてコミュニティも活発。動画編集だけでなく、Webデザインやライティングなど様々なクリエイティブ系スキルを身につけたい方向けのスクールと言えるでしょう。

無料体験では人気コースのレッスンを実際に体験することも可能。

主婦や子育てママも多く、仲間と一緒に成長していくことのできる環境が整っています。

SHElikesの公式サイトで詳しく見る

【デジLIG】本格的に就職転職を目指せる

デジタルハリウッドbyLIG動画クリエイター講座紹介

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG(デジLIG)のネット動画ディレクター専攻はプロの動画クリエイターを目指すことのできるカリキュラムが注目のスクールです。

Web制作会社が運営する本格派スクールで「通学」「オンライン」をカスタマイズすることができます。遠方に住んでいる方なら完全オンラインでも受講可能。

受講期間は3か月とやや長めですが、家事や育児の合間にプロレベルのスキルを身につけたい人向けのスクールと言えるでしょう。

卒業制作は任意のため、追加料金が発生します。

デジLIG公式サイトで詳しく見る

【たのまな】在宅ワークスキルをお得に学べる

たのまな動画クリエイター講座紹介

たのまなはヒューマンアカデミーが運営する通信講座です。

完全に在宅での学習を考えていて、自分のすきま時間を利用して学習したい人向けの動画+テキスト教材の講座となります。

通信講座のメリットはペースは自分次第であること。

最短2週間で動画編集スキルを学び、副業や在宅ワークで稼げるようになることを目指す学習内容です。

Adobeソフトがたっぷり使えるAdobeCCが1年間無料で使える特典や、副業の第一歩となるクラウドソーシング「ランサーズ」とも提携しているので動画クリエイターとして活動するための準備も整う講座となっています。

一緒にパソコン購入ができるプランもあります。

たのまな公式サイトで詳しく見る

【ヒューマンアカデミー】じっくり半年かけてスキルアップ

ヒューマンアカデミーの動画クリエイター講座紹介

同じく資格取得やスキルアップで有名なヒューマンアカデミーが運営する通学可能なスクールです。

  • 通学
  • オンライン
  • ブレンド(通学+オンライン)

全国に校舎のあるヒューマンアカデミーの強みは、リアルタイムに講師から学べる環境が身近にあることです。

また、費用面では教育訓練給付制度を利用すると受講料が20%(上限10万円)支給されます。

動画編集系の講座は全部で3つあり動画編集のソフトだけでなく、illustratorやPhotoshopの使い方、ポートフォリオ制作までカリキュラムに含まれています。

自分に向いている講座を相談することもできるので一度プロに相談してみるのもいいですね。

受講可能期間は6か月と長期なのでじっくり学んで着実に成長したい人に向いているスクールと言えるでしょう。

公式サイトで詳しく見る

在宅ワークや副業で主婦や子育てママに「動画編集」がおすすめな理由

主婦。子育てママに動画編集が向いている理由

動画編集は主婦や子育てママに向いている働き方として紹介していますが、その具体的な理由について詳しく解説していきます。

案件が豊富で初案件獲得のハードルが低い

動画広告や動画配信はここ数年で急成長を遂げています。

今後も成長が見込める市場として注目されており、大企業だけでなく、中小企業や個人でも参入しやすく、特にYouTubeなどの配信サービスやSNSでは新しい動画を定期的に更新していくスタイルが一般的。

動画編集も同時に需要のあるスキルとなっています。

案件の数自体が多いため、初心者からでも編集スキルを身につければ案件獲得がしやすいといったメリットがあります。

自分のペースで自宅で完結できる

動画編集はパソコン1台でスタートすることが可能な働き方です。

在宅で働くことも可能で、納期をきちんと守れば働く時間も自分次第主婦や子育てママの在宅ワークや副業に最適な働き方ではないでしょうか。

私自身もフリーランスとして活動していますが、子育てをしていると「自分時間」をいつ持てるか正直予測不能だったりします。

子供がお昼寝しない日もありますし、急に熱発するときもあります。

家庭の環境に合わせて働く時間を自分で調整することのできる働き方こそ主婦や子育てママに向いていますよね。

未経験でも学び始めやすい

動画編集はトレンドなどもあるので学習に終わりはありませんが、編集スキルの学習自体は始めやすいです。

最近ではスマホのアプリで手軽に編集できるものもありますし、子供の動画などを自分で編集して家族と共有する人も多いのではないでしょうか。

動画編集で有名なAdobeのソフトを学ぶことができれば、動画クリエイターになるための資格試験があるわけではありませんので、あとは経験の積み重ね。

継続学習とアウトプットを繰り返してスキルと経験を積んでいくことができれば、学習自体のハードルはそこまで高くありません。

スクールでの学習を選べば、筋道立てて学べる事や質問できる環境、仕事や案件サポートがあることなどメリットも多いです。

特に毎日忙しい方には費用がかかりますがスクール学習の方が結果的に挫折せず仕事につなげやすいでしょう。

動画編集の仕事を未経験主婦やママが獲得のためのロードマップ

これから動画編集を学んで仕事や在宅ワークで稼いでみたい主婦や子育てママはどんなことに注意して学習を始めたらよいのでしょうか。

私自身も未満児を子育てしながら動画編集やWebデザインを学んだ経験からお伝えすると

  • 稼ぐために必要なスキルを明確化
  • 家事・育児・仕事で忙しいから学習は「効率化」
  • 仕事をするために「仕事・案件紹介」サポートを活用

この3つを意識すると挫折のリスクを軽減しながら学習をスタートすることができるでしょう。

稼ぐために必要なスキルを明確にする

動画編集は利用するソフトや関連スキルを上げると膨大な知識やスキルが求められます。

例えば、動画編集ソフトとして有名な「Premiere Pro」やモーショングラフィックやエフェクト加工が可能な「After Effect」がありますが、最近では簡単に動画編集ができるソフトやスマホで編集可能なアプリ「VITA」や「Power Director」などたくさんの種類があります。

それぞれに向き不向きやメリット・デメリットがあるので、なんでも使いこなせるのが一番ですが、Web業界の成長スピードも速いため、すべてを網羅するのはまず無理です。

未経験主婦・子育てママが在宅や副業の仕事で動画編集を検討しているなら、まずは稼ぐために必要なスキルを明確にしましょう。

Premiere Proは業界を代表するほどの知名度があるAdobeのプロ向け動画編集ツールです。

本格的な映像制作にてきしているため、はじめのうちは慣れるまでに時間がかかりますが、ユーザーも多いため、つまづいたときに検索して自己解決も導きやすいというメリットがあります。学習しておいて損のないツールです。

家事・育児・仕事で忙しいから学習は「効率化」

家事・育児・仕事をこなしながら学習を始めるなら「学習の効率化」は最優先でしょう。

小さなお子さんを育てながら学習するならシッターサポートなどサポート面で充実しているスクールがやっぱり心強いです。

仕事や子育てもタフにこなす人なら、短期間で集中して学べるスクールだとやる気も持続しますし、メールやチャットなどで質問がいつでもできるスクールも生活リズムに合わせやすいのでお勧めです。

貴重な時間でいかに効率的に学習できるかが主婦やママ層が学習するために必要なスクール選びのポイントとなるでしょう。

仕事をするために「仕事・案件紹介」サポートを活用

また、学習して終わりでは「稼ぐこと」につながりません。

学んだ先に

  • 仕事の案件紹介
  • 就職・転職サポート
  • 提携人材紹介

などがあると実績を積むことができ、将来的に副業や在宅ワークで稼ぐことが可能になるでしょう。

主婦・ママ層がクリエイターを目指すための一番のハードルは「実績0を1にすること」です。

ココナラやクラウドワークスなどでも実績があるだけでクライアントの目に留まりやすくなるため、学んだあとはしっかりアウトプットして実績を積むことが何よりも大切です。

これからスクールを選ぶ方は「仕事」「案件紹介」などがあるスクールだと実績作りもスムーズになりますのでチェックポイントに挙げておいてくださいね。

「Famm」は未経験主婦やママ向け動画編集の優秀スクール

動画編集の仕事を未経験主婦やママが獲得のためのロードマップとして

  • 稼ぐために必要なスキルを明確化
  • 家事・育児・仕事で忙しいから学習は「効率化」
  • 仕事をするために「仕事・案件紹介」サポートを活用

の3つを前項で詳しく紹介しました。

私自身、2歳子育てママをしながらWebスキルを身につけるために5スクール以上を実費受講した結果の感想(無料も合わせると10スクール以上…)ですが、個人的に主婦や子育てママなら「Famm」がやっぱり一押しです。

編集長

Famm」はサポートのバランスが

そもそもが子育てママ目線で作られたスクールなので、ママが学習に集中するためのシッターサポートや在宅ワークへの一歩となる実績作りなどかゆいところに手が届くサポートがほかの女性向けスクールよりも秀でています。

動画クリエイター講座を受講すると、人気のWebデザイン講座(動画版)も無料で受講できます!

実際に受講した内容をもとに書いた記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

主婦や子育てママが動画編集の仕事を獲得する方法

在宅ワークや副業などで収入を得る目的で動画編集を学ぶ人が多いと思いますので、学習のその先にどのように収入を得ていくかも具体的に考えていくことが大切です。

初心者から仕事を受注しやすい方法としては以下のパターンが主流でしょう。

  • クラウドソーシングで仕事を探す
  • 求人サイトで仕事を探す
  • コミュニティを活用する
  • 知人などのツテで紹介を受ける

以下ではそれぞれ詳しく解説していきます。

クラウドソーシングで仕事を探す

クラウドソーシングは、仕事を依頼したいクライアントと、仕事を受けたいワーカーがお互いに仕事をマッチングすることのできる場です。

代表的な「クラウドワークス」や「ランサーズ」などは案件に対して仕事を請け負いたいワーカーが応募し、コンペ形式で選ばれるスタイルが一般的です。

一方で、自分のスキルを活かして登録できる「ココナラ」ではクライアントがワーカーを探して申し込むスタイルなのでマッチングの際のコンペなどはありません。

どういったスタイルで仕事をしていきたいかによっても使い分けができるので、どちらも登録しながらアンテナを張っておくとよいでしょう。

求人サイトで仕事を探す

就職や転職を目指す人だけでなく、最近ではフリーランス向けなどの求人サイトもあります。

動画制作やWebデザインなどIT・Web業界、クリエイター系スキルに特化した求人サイトや、主婦・ママ向けの求人サイトなども多く登録しておくことで様々な案件や仕事の情報を得ることが可能です。

動画クリエイター講座を展開する各スクールでも案件紹介などをサポートに含んでいることも多いですので、利用できるサポートはフル活用して損はないでしょう。

コミュニティを活用する

スクールでは受講生同士のコミュニティでも仕事が生まれることは珍しくありません。

クリエイター業界はコミュニケーションや横のつながりも大切にすることで仕事はつながっていきます。

これは独学ではなかなか難しいつながりですので、スクール学習だけの特別なメリットといえるでしょう。

知人などのツテで仕事を受ける

上記の方法でもなかなか案件獲得が難しい人は、友人や知人をあたってみるのも効果的です。

動画配信やSNSで動画投稿している方がいるならダメ元で相談してみることをおすすめします。

もしすぐに仕事が回ってくることがなくても、自分にできる事や力になれることを伝えておくことで後々仕事につながるケースも少なくありません。

自分を売り込む事、種をまくことも経験のうち。

編集長

私自身も知人の案件からスタートしました。

私の場合は、始めは無給からスタートしました。それでも、今ではお仕事を紹介していただけるまでの関係になっています。

どうやって仕事につなげていくか悩んでしまう人は周りの方に声をかけてみるのもいいかもしれません。

未経験の主婦・子育てママが動画編集を学ぶならサポートが重要

動画クリエイター講座はサポートを要チェック

在宅ワークや副業で注目されている動画編集ですが、スキルを身につければパソコン1台で自宅で収入を得ることが可能になります。

これから学習を始めたい主婦や子育てママは家事や育児、仕事と学習との両立で挫折しない工夫や、サポートを重視したスクール選びが失敗しないコツ。

仕事につなげて月数万円を稼ぎたい!と考えている方は、自分にどんなサポートがあれば学習を継続できるかという視点でサポート重視のスクール選びをしてみてはいかがでしょうか。

特に子育てママのために作られたスクール「Famm」は、学習時間を捻出するための無料シッターサポートや、短期間学習のカリキュラム、在宅ワークのための実績作りまでフルサポートしてくれます。

実際に受講してみると、とてもハードで寝る間のない1か月ではありますが、

-Famm